そば処 浄楽さんは田舎蕎麦ランチの人気が絶大、石臼手挽きで粗挽き蕎麦が絶品です

浄楽そばランチの田舎蕎麦

この記事は蕎麦鑑定士のレポートとして書いた内容です。

【食味体験の感想、お薦めしたい部分】
数少ない石臼挽き自家製粉、しかも電動ではなく手挽き石臼でそば粉を挽くというこだわりようです。手挽きでしか味わえないという独特のプリプリとした食感と透明な質感の蕎麦です。そして、「黒い星」が入った挽きぐるみの田舎蕎麦です。粗挽き好きにはたまらないお蕎麦屋さんなのです。
今回は、その田舎蕎麦と一緒に味わえるとってもお得なランチセットをご紹介します。

浄楽の蕎麦

浄楽の田舎蕎麦には香りがあります。田舎蕎麦らしく蕎麦の甘皮も挽きぐるみしてあります。食感はぷりぷりっとした弾力とコシがあり、噛むほどに蕎麦の味わいが溢れてくる蕎麦です。
石臼手挽きというと金沢のたもんさんを思い出しますが、よく似た蕎麦質だと思います。二八で打っているのも同じです。どちらかというと浄楽さんの蕎麦のほうが少し太めのせいか、ぷりぷり感も香りも強い感じです。当ブログ内ランキングでNO1のたもん好きのひとには絶対おすすめの蕎麦屋さんですね。

そば処 浄楽の「田舎そばランチ」。浄楽さんには何度か来ていますが、いつも蕎麦の大盛りばかり。人気になっている蕎麦ランチは今日初めていただきました。

浄楽そばランチ

今日のそばランチのメニューは、蕎麦豆腐、金時草の天ぷら、かき揚げ、サラダ、お漬物、そば飯、田舎蕎麦でした。これだけついて1350円(税込み)というのはとても良心的ですね。

揚げ蕎麦ポッキー

なお、料理が出る前の間には自家製の揚げ蕎麦ポッキーをだしてくれるのがうれしいです。勘定をするさいに、ついつい買ってしまうおいしさなんです。

浄楽のそば湯

食後には濃い目のそば湯をいただき、まったりと至福のひととき。
料理内容にも蕎麦がけっこう使われていて蕎麦好きにはたまらない蕎麦ランチでした。おいしくいただきました、ごちそうさまでした。

手挽きの石臼
この手挽きの石臼で毎朝、そば粉を挽いているそうです。一日分の蕎麦を挽くのに3時間くらいかかるそうです。

浄楽の店内

浄楽はもともとご自宅だった家を改装して蕎麦屋としています。店内にはいろり端があり、とっても落ち着いた和空間となっています。

【食味体験をした日時】
2015年7月3日(金)12:30

【受講生のお名前と読み】
遠田幹雄(とおだみきお)

【受講生のご住所】
石川県かほく市木津ロ64-1

【サイトに発表する際のハンドルネーム】
どもども遠田

・・・・・・・・・・・・・・
【食味体験をした店名】
そば処 浄楽(じょうらく)

【店の電話番号】
電話 0767-27-1433

【店の住所】
石川県羽咋市滝谷町ロ51

【アクセス】
のと里山海道の柳田ICから国道249号線を北上し約5キロ。羽咋市の五重塔で有名な妙成寺のすぐ近くなので、妙成寺を目標に行くといいです。駐車場も妙成寺の駐車場を使うことができます。

【営業時間】
営業時間 昼11:30~15:00 夜は予約営業のみ

【定休日】
水曜日(蕎麦打ち教室の講師などをしているため臨時休業がありますので注意)

【ひとり分の平均的な予算】
昼 900円~1500円

【予約】

【クレジットカード】
不可

【個室】

【席数】
20席(いろり端、座卓テーブル3卓、テーブル1卓)

【駐車場】
有 店頭に2台、約100台駐車できる妙成寺駐車場の利用可能

【煙草】
禁煙

【アルコール】

【店のホームページ】
http://soba-jouraku.jimdo.com/

【ここをこうしたら、もっと良くなるという提案】
浄楽さんはお蕎麦もおいしいし、ランチの料理内容もいいし、店主と奥様の接客も親切でとってもいいお蕎麦屋さんです。
もし提案するとしたら案内看板を作ってはどうでしょうか、ということでしょう。浄楽さんは場所がわかりにくいうえに駐車場が狭いことが難点なんですね。店の前には2台程度しか駐車できません。しかし、すぐ近くに妙成寺という観光施設があり、その大駐車場も使っていいということです。初めて来るお客様のためにも、そのような駐車場が近くにあるという案内看板などをつけていただくと、もっと多数のお客様に来ていただけるのではないかと思います。

※この記事は蕎麦鑑定士の試験として年間4件以上のレポートを義務付けられておりそのひとつです。なお、蕎麦WEBのほうにはレポート提出と同じ内容を当サイトにも掲載することを許可を得ています。

ミシュランガイド掲載店浄楽の外観

そば処浄楽(じょうらく)
店主は森田鉄幸さん
〒925-0002 石川県羽咋市滝谷町ロ51
TEL: 0767-27-1433 FAX: 0767-27-1433
営業時間: そば処:11:30~15:00
定休日は火曜日、水曜日ですが、冬季間の営業は不定期だったりしますので、電話してから出かけたほうがいいですね。


 

遠田幹雄この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
2015年2月に蕎麦鑑定士4級に、2016年2月には蕎麦鑑定士3級に認定されました。1級認定まで最低4年かかるとのことですが、地道に上を目指していくつもりです。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。