小幸の今年の蕎麦は福井県産ではない

小幸の今年の蕎麦は福井県産ではない
小幸さんは石川県内で十割蕎麦のみを提供する数少ない本格的なお蕎麦屋さんです。蕎麦を丸抜きで仕入れて自家製粉して十割そばを打つというこだわりようです。

さて、今年の蕎麦は福井県産ではないです。残念です。福井県産の蕎麦を使った十割そばをいつも食べることができる数少ない蕎麦屋さんでしたから。

小幸さんはこれまで福井県産の蕎麦を使っていました。昨年の秋は全国的に蕎麦が不作。とくに福井県産は収量がとても少なくなってしまいました。地域によっては半減とか全滅とか聞いたことがあります。そのせいで、これまで仕入れていた農家さんから丸抜きの蕎麦を仕入れることができなくなったそうです。

小幸さんはどうしても丸抜きの蕎麦で自家製粉し、挽きたての蕎麦粉で打ちたいのでしょうね。今年の蕎麦は、北海道産と信州産を使い分けているそうです。今日のお蕎麦は北海道産でした。

たぶん、仕入れコストも上昇しているのだと思います。頑張るお蕎麦屋さんは応援していきたいですね。

おそば屋 小幸(こゆき)
〒924-0020 石川県白山市新成1丁目311
電話076-259-1841
営業時間は午前11時~午後3時
定休日:火曜日・水曜日


 

遠田幹雄この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
2015年2月に蕎麦鑑定士4級に、2016年2月には蕎麦鑑定士3級に認定されました。1級認定まで最低4年かかるとのことですが、地道に上を目指していくつもりです。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。