そば処くらみつ二八そば

そば処くらみつは石臼手挽きの二八蕎麦(細麺)と十割蕎麦(太麺)がある

「津幡町倉見ツ」にある「そば処くらみつ」。たぶん、地名を店名にしてますね。こーゆーわかりやすいの好きです(笑) 女性ふたりで運営している手打ち蕎麦屋さんですが、特徴的なのは手挽きの石臼で挽くという自家製粉の蕎麦粉で打つと
卯蕎の蕎麦は細打ちです

女性に人気な理由がわかります、卯蕎(うきょう)は料理も接客もすばらしい

全国的な蕎麦雑誌などメディアでの露出が多いお蕎麦屋さん、卯蕎(うきょう)に行ってきました。場所は卯辰山中腹にあります。金沢で人気の観光名所「ひがし茶屋街」から卯辰神社横を山手に300メーターほど登って行くこともできます。
けんち玄そば

手挽き石臼の粗挽き玄そばが新メニューになった蕎麦処けんち

蕎麦処けんちのメニューに「粗挽き玄そば」が追加になりました。なかなかの逸品です。実は昨日も食べたのですが気になって今日また食べに来ました。二日連続で同じ蕎麦を食べるというのもなかなかオツなものです。 今日はこれまでの蕎麦
穂乃香の蕎麦

穂乃香の蕎麦は福井県今庄の蕎麦を使った九割蕎麦

2016年2月に金沢市の森本エリアにオープンした穂乃香(ほのか)という蕎麦屋さんに行ってきました。店舗は100年以上も前の大きな建物で、古民家をリノベーションした味ある室礼になっています。 福井県今庄の蕎麦原料を使った九
もりけんそば

小浜市で人気の蕎麦屋「もりけん」のおろしそばは田舎風二八蕎麦でした

小浜市は福井県ですが、文化圏としては北陸というよりも京都滋賀に近いかもしれません。言葉使いもほぼ関西弁です。なので、「越前そば」を出すお蕎麦屋さんも少なめです。そんな小浜市で、地元の方がここはおいしいよと勧めてくれたのが
生蕎庵のおろしそば

生蕎庵は自家製粉十割蕎麦だけの際立つ蕎麦屋さんでした

越前そば屋の激戦区といえば「越前市今立地区だ」と挙げる人が多いです。森六、大福、勘助という蕎麦屋が徒歩圏内にあり、他にもクオリティの高い蕎麦屋が立ち並んでいるからです。そんなエリアに最近オープン(2015年12月開店)し
やまぎしの粗挽き田舎蕎麦

蕎麦やまぎしは2016年春に金沢駅前から白山市(旧鳥越村)の山奥に移転しましたが粗挽き十割そばは健在でした

箸より太い粗挽き田舎そばは健在でした。これまで金沢駅前にあった蕎麦やまぎしは、2016年春に店主のご実家である白山市左礫町(旧鳥越村)に移転。金沢から車で1時間以上かかるところなので、なかなか気軽に行ける場所ではありませ
たもんのおろしそば

ミシュランガイド富山石川に掲載された蕎麦屋さん全24店舗を紹介

2016年6月3日に発売された「ミシュランガイド富山石川(金沢)2016特別版」には290店の飲食店が紹介されました。そのうち蕎麦屋は24店ありました。富山県が9店で石川県が15店。掲載店は以下のとおりです。 ミシュラン
jyongara10warisoba01

手打蕎麦じょんがらは十割そばだけの蕎麦屋になっていました

久しぶりに手打蕎麦じょんがらに来ました。じょんがらは「箸より太い手打ち蕎麦」で有名な蕎麦屋さんです。メインの「粗挽き十割そば」をいただきました。かつお節抜きというオーダーに対応していただき感謝です。 見事な蕎麦ですね。太
しん馬 十割そば

しん馬の粗挽き十割は土日限定、強烈な蕎麦の香りと太さがうれしい蕎麦でした

しん馬の粗挽き十割そば この粗挽き十割蕎麦は土日限定です。今日はGW(ゴールデンウィーク)中ということだったので、平日でしたがいただくことができました。いい蕎麦です。太さといい、固さといい、強烈な蕎麦の香りといい、太くて

真夏の新蕎麦は地産地消で、福井県産の新蕎麦だけで打つ十割そばは味わいがいい 石臼挽き十割蕎麦 やす竹(福井県)

この記事は蕎麦鑑定士のレポートとして書いた内容です。 【食味体験の感想、お薦めしたい部分】 福井県は「越前そば」のメッカだけあって、蕎麦文化が根づいています。地元の小中学校でもそば打ち体験があったり、家庭で蕎麦を打つ習慣
やす竹あげ焼きおろし蕎麦
この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人はベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手で蕎麦屋では外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加